読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくしま復興支援ブログ

コープおおいたとコープふくしま、交流の記録。

ふくしま訪問2017~1日目~

今年で6回目となる「ふくしま訪問交流会」コープおおいた職員の目線で3日間の出来事をつづります。 2017年3月21日~23日の間震災から6年が経過した、ふくしまの地を訪れました。 テレビでは3.11の日に、当時の映像が繰り返し繰り返し流され…

ふくしま訪問3日目

震災発生から5年が経過した2016年。 街の景色はじわりじわりと変わりつづけ、 人々のくらしは、仮の場所、元の場所、新しい場所で定着しつつあります。 津波が浜辺のくらしを海へ葬り、 放射能物質は人々の生活の中へ気付かぬうちに降り注いだことを、 …

ふくしま訪問2日目…その2

前回の2日目…その1 ふくしま訪問 2日目…その1 - 「コープふくしま」&「コープおおいた」交流ブログ2日目の後半は、 帰宅困難区域と居住制限区域、避難指示解除準備区域の 3つの区域がある富岡町へ。 その後は、ひとつの集落ごと津波の被害にあった い…

ふくしま訪問 2日目…その1

2日目の23日は、強風の晴天。 北陸の冷たい風は私たちの頬をなで、 こちらは暖かい日差しに目を細めます。1日目は震災に対する町の取り組みを学習し、 ふくしま訪問 2016/3/22〜24 - 「コープふくしま」&「コープおおいた」交流ブログ 2日目は原発事故…

ふくしま訪問 1日目

コープふくしまのお店 CO-OP MART2016年3月11日、北三陸を襲った東日本大震災から5年が経過しました。 5年経過というと、小学1年生は6年生になり、大学1年生は社会人になります。「津波被害と原発事故で家も故郷も消失した街の人たちは今どうしているの…

ふくしま支援交流会:続編

3月24日(木)2日目 参加者63名を大型バス2台で被災地視察。 飯舘村⇒小高区⇒浪江町⇒双葉町⇒大熊町⇒富岡町⇒楢葉町と国道6号線を南に上りました。 除染した土が至るところに置かれている(飯舘村) 視察の様子 小高区:流された車や瓦礫が片づけられていま…

ふくしま支援交流会「これまで・現状・これから」に参加しました

2月23日(水)〜24日(木)にかけ、コープふくしまさんの主催で「ふくしま支援交流会」が開催されコープおおいたより3名参加しました。[開催目的](抜粋) 原発事故から5年を迎えるにあたり、コープふくしまではこれまでの取り組みを振り返り、現時点…

親子ふくしま訪問ツアー(3日目)

いよいよ最終日。あっという間の3日間。 今日は、飯舘村の仮設住宅に訪問です!! 日頃、この松川工業団地第二仮設住宅ではコープふくしまさんでサロン活動が行われています。 今回のテーマ「福島と大分を民話と童謡でつなぐ」 大分の後藤組合員理事と組合…

親子ふくしま訪問ツアー(2日目)

コープふくしまさんとの楽しい懇親会の翌朝。 参加者全員元気に2日目の行程を進めます。 宿泊先の新聞「福島民報」の朝刊 各地の放射線量の記事が福島県の現実を感じます。 訪問2日目、最初の見学先は相馬市伝承鎮魂祈念館。 相馬市にある東日本大震災慰霊…

親子ふくしま訪問ツアー(1日目)

早朝5時に大分駅を出発。大分空港より羽田に向かいます。 東京駅より東北新幹線を使い、福島県に到着したのは14時頃。 コープふくしまさんと福島駅で合流し、初日の目的地、福島県相馬市の桃やリンゴの生産者である高橋さん宅を目指します。 コープふくし…

親子ふくしま訪問ツアー(8/18〜8/20)

今年で2度目となる組合員参加型の福島訪問。親子ふくしま訪問ツアーを8月18日〜20日の2泊3日の行程で実施しました。 機関紙等で募集を行い、5組12名の組合員親子が参加。 組合員理事や職員をあわせ総勢20名で福島県を訪問しました。

ふくしま訪問記(3/24〜26)

月日とともに、ニュースや新聞等で復興の様子が報じられることが少なくなりました。記憶は風化させてはいけない。そんな思いを胸に福島と大分を繋ぐ福島交流訪問を今年も実施しました。【1日目】 朝5時に大分駅に集合し、大分空港へ。羽田空港から東京駅に…

ふくしま訪問記(2014年3月25日~27日)

3月25日から27日の3日間、吾妻山山頂にまだきれいな雪景色を残す東北・福島を訪問してきました。震災から3年、コープおおいたはふくしまに寄り添った活動を続けてきています。平成23年8月、新地町・相馬市の小学校に豊後梅を寄贈して以来、恒例となった…