ふくしま復興支援ブログ

コープおおいたとコープふくしま、交流の記録。

14.想いをつなぐ「豊後梅」の成長報告

(ご注意)ブログは最終更新記事が一番最初に表示されます。
一番最初から見たい方は、右の「カテゴリー」の番号順に見てください!
また、多くの方からのコメントをお待ちしております。記事下部の「コメント」から発言をお願いします!

2011年11月に「福島と大分を結ぶ、東日本大震災復興支援贈呈」のひとつ、大分県の県木「豊後梅」を、相馬市新地町の小中学校19校に贈呈しました。

植樹から1年が経過し、福島より成長した豊後梅の写真が届きました。現地を回って取材(福島市内からずいぶん距離があります)していただいた、長島様(福島中央卸売市場株式会社 常務取締役)にこの場を借りてお礼申し上げます。


相馬市 磯部小学校 教頭先生


磯部小学校には、豊後梅が3本寄贈されましたが、1本がかれてしまいました。
全校児童67名で大事に育てさせていただきます。と教頭先生よりご伝言をいただきました。


相馬市立 桜丘小学校 教頭先生
桜丘小学校へは3本寄贈され、3本とも元気に根付いていました。


新地町立 福田小学校 一番成長がよかったです。教頭先生も自ら手入れをしていただいているそうです。


各小学校の校庭の線量はだいたい0.1〜0.3マイクロシーベルト/アワーです。


新地町立 新地小学校 3本ともしっかり根付いているようです。花が咲いて実がつくのが待ち遠しいです。