読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくしま復興支援ブログ

コープおおいたとコープふくしま、交流の記録。

福島復興支援 交流報告会が開催されました

こんにちは、コープおおいたです。

コープおおいたの青崎事務所内も、

長袖のシャツを着る人が多くなってきました。

いくつもの台風が日本を通り抜け、

秋の訪れを穏やかに感じる間もないまま、

肌寒い風が吹くようになっていましたね。

 

 

9月16日(金)

『福島復興支援 交流報告会』が

ホルトホール大分にて開催されました。

 

講演会のようすをご紹介します。

講師に、『ななくさ農園 代表 関元弘氏』をお迎えしました。

楽しく・真面目に営む有機農業についておよそ1時間

ユーモアを散りばめながらお話くださいました。

 

ななくさ農園

福島県二本松市(旧東和町)で関さんご家族が営む農園。

農園がある場所の地区が”七区”であることから、

地域の一員でありたいと思い、「ななくさ(七区さ)農園」と命名。

春の七草秋の七草が畑で見つけられるような、

自然あふれる農園にしたいという願いも込めたそうです。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20160922140817j:plain

 

関さんは、20年近く放置され荒れていた桑畑に重機を入れ、

再生した田畑で、お米やハーブなど数多くの農作物を栽培しています。

開墾した畑には必ず麦を植えるとのこと。

地下150センチまで根をはる麦は、

まさに天然の耕うん機なのだそうです。

 

留学経験がある奥さまは、

農業をテーマにした可愛らしい英語の絵本を作り、

地域の子供たちに英語を教えています。

 

震災以降、深刻な風評被害が福島の農家を悩ませていますが、

消費者と生産者のコミュニケーションを大切にした取り組みや、

有機農法に取り組む仲間で出荷グループをつくるなどし、

地産地消のシステムを強固にすることで、

福島の農作物の新しい魅せ方を地道に作り上げていきました。

 

『百姓は百のことができるから百姓です。』

冬場の農閑期には造り酒屋の杜氏として働き、

地ビールや地酒づくりにも挑戦しているそうで。

関さんの活躍の場は農業にとどまりません。

 

 

新規就農者として農業を続けていくために

家族全員で明るく、楽しく過ごしながら、

まだ見ぬ農業の可能性にチャレンジしている関元弘さん。

今後、いったいどんなことに挑戦するのでしょう。

福島のみならず、日本の農業がとても楽しみになる講演会でした。

 

 

f:id:coop_fukushima_oita:20160916141801j:plain

講演会終了後は、福島県産の梨とブドウを

参加者の皆さんで試食しました。

「あまぁーーい❤」「何個でも食べたい~」

と、喜びの声があがっていました。

 

 

f:id:coop_fukushima_oita:20160922140818j:plain

70名以上の方が参加した

福島復興支援の講演会のようすをご紹介しました。

 

 

 

コープおおいた広報課 原田

Facebookhttps://www.facebook.com/oita.coop/

ホームページ:生活協同組合コープおおいた