ふくしま復興支援ブログ

~大分と福島、交流の記録~

とうとう咲きました!夜の森さくら!!

2016年6月20日に、コープおおいたの青崎本部事務所に植樹された「夜の森さくら」が、3年目にしてようやくかわいいピンクの花を開花させました!

f:id:coop_fukushima_oita:20190409180335j:plain

偶然、ハチさんもお祝いに駆けつけてくれまして、うれしい春の訪れを感じています。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409181305j:plain

植樹式を行ったのは3年前。少し小雨の降る中、コープふくしまの皆さんにもお越しいただき、楽しくにぎやかに、笑顔満開で植樹式を執り行った日のことを、まるで昨日のことように覚えています!

f:id:coop_fukushima_oita:20190409180323j:plain

「夜の森さくら」とは
福島県富岡町の桜の名所、夜ノ森地区の桜並木で、住民から「桜のトンネル」と呼ばれ愛されるソメイヨシノです。富岡町福島第一原発事故の影響で、町の全域が避難区域に指定され、住民不在の時を長く過ごしました。
「住民の姿はないが、桜は毎年咲き誇る。」
さくらの苗木を、全国に贈るプロジェクトは、富岡町民の心のよりどころである「夜の森さくら」が満開に咲く姿を、間近で見てほしいという願いから、福島県農林種苗農業協同組合の発案で始められたものです。

2016年6月時点では、全長5キロの並木道のうち、そのほとんどにバリケードが張られ、わずか300メートルを走行する車中から眺めることができるのみでした。
2019年4月現在は、およそ5キロ続く桜並木のうち、およそ半分の2.4キロの区間のみ、徒歩で鑑賞ができるようになっています。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409180327j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20190409180330j:plain

暖かくなるにつれて、ポンッポンッと開花が進むコープおおいたの「夜の森さくら」。

帰宅困難や避難区域の解除だけでは決して実現されない、本当の意味での復興を、夜の森さくらが見守ってくれています。

 

ふくしま復興支援イベント「しんけん、ふくしまからはじめよう」

 

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173054j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173104j:plain

福島復興支援イベント「しんけん、ふくしまからはじめよう」を開催しました。

 震災発災後から毎年開催している福島物産展は、大分県をはじめ関係各所団体さまのご協力もあり、地域の皆さまに親しまれる大規模なイベントへ成長しました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173012j:plain

そして8年目の今年も、2019年3月10日(日)、J:COMホルトホール大分前ひろばにて大分県共催「しんけん、ふくしまからはじめよう」を開催させていただきました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173404j:plain

 ステージ企画では、災害から復興へ歩みを進める福島県の方々と、農産品の風評被害の払拭に尽力した大分県の方々によるトークセッションや、大野タカシさんによる復興支援応援ライブなどを催しました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173432j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173442j:plain

また、福島県から生産者11名をお招きした「ふくしま物産展」では、福島県産のりんご(ふじ)やイチゴ(とちおとめ)などの果物のほか、お菓子、地酒、お土産物などを販売しました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173558j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20190409175755j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173718j:plain

福島県のおもてなしに欠かせない郷土料理「こづゆ」の無料配布は今年も大好評!
当日はあいにくの雨模様だったため、冷えた体があたたまる、まさにおもてなしの一品となりました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409173734j:plain

ふくしまの食にふれ、楽しく「食の安心・安全」を学ぶこのイベントを通して、大分県から遠く離れた福島県での復興活動を、少しでも身近に感じていただくことと、
食材や産地を正しく知り、理解することで、風評被害の払拭につながることを願っています。



今後も、コープおおいたの復興支援活動にご理解とご協力をたまわりますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ふくしま視察交流報告会

2019年11月29日(木)

全労済ソレイユにて「ふくしま視察交流報告会」が行われました。


ふくしまの現状を知って、聞いて、感じてもらい、伝えていくため、定期的に開催しています。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409170325j:plain

講演は松川第2応急仮設住宅 管理人 佐藤 美喜子様に、「東日本大震災原発事故から7年避難生活を通して今思うこと」という演題でお話をしていただきました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409170358j:plain

地域コミュニティを崩壊させた大震災と原発事故で、大切なものを手放さなければならなかった経験談を涙を流しながらご講演いただきました。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409170601j:plain

ふくしま視察に参加した大分県立芸術文化短期大学の武村さん、安部さん、西さんの三人にも報告していただきました。実際に仮設住宅で交流したことで。コミュニティの大切さ、テレビ以上の情報を感じることができ、自らが協力できることは「伝えていくことだ。」と感じたそうです。

f:id:coop_fukushima_oita:20190409170448j:plain

最後に、視察に参加したコープおおいたの職員より「もういいよ」と言われるまでふくしまの現状を伝え、福島県産の商品を買い支えて支援していく重要性を訴えました。

ふくしまっ子応援プロジェクト2日目 ~午後はスイカ割りだよね!夏!~

午前中はこちらをご覧ください。
coop-fukushima-oita.hatenablog.com

 

午前中の約2時間、遊んでお昼ご飯を食べて、ちょっと休憩して。
すぐさま全開全力の海あそびが再スタートしました!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727165119j:plain

田ノ浦ビーチ名物、海賊船!
子どもと海賊船が似合うのは、やっぱりピーターパンからかな?

f:id:coop_fukushima_oita:20180727165214j:plain

タイタニックか、、、さすが、不朽の名作。

f:id:coop_fukushima_oita:20180727165301j:plain

脚力が試されるこういったアスレチックなども作られていて、この船すごいなーと思いましたねぇ。この後、どこにどう着地するんだろう。片手はタオルを握ってるし、片手はポールに届くかな、ケガしないかな!大丈夫かな!!!!
運動不足のおとな(私)は、アスレチックを目の前にすると固まります。ほんとに。

f:id:coop_fukushima_oita:20180727165648j:plain

船よりもやっぱり海の方が楽しいようで、続々と海の中へ帰ってきました(*^◯^*)
午前中は、少し気恥ずかしくて、やや別々に遊んでいた日田っ子とふくしまっ子
午後になると、入り乱れて遊んでいました!
そうそう!お友だちは日本中に作っておかなきゃね!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727165940j:plain

ちっちゃいヤドカリ、見つけました❤

 

お昼のあと約1時間遊んで、2時になりました。
2時と言えば(?)

イカ割りだぁぁーーーーー!!!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170140j:plain

じゃんっ♪

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170215j:plain

じゃんじゃん!!!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170338j:plain

割れたぜ!

みんな拍手してました、パチパチパチ♪

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170454j:plain

サクッと切り分けまして!みんなでかぶりつきましょーーう!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170442j:plain

TOSのカメラにとられつつ・・・

f:id:coop_fukushima_oita:20180727170536j:plain

がぶりッ!!!!
さっきまで廣瀬本部長が大切に冷え冷えにさせておいたので、めっちゃおいしい!
そして今年のスイカも「日田天領西瓜」!!
日田っ子たちと、日田のスイカを食べて、ふくしまっ子と談笑(*^◯^*)
おいしいおやつタイムでしたね♪

 

イカ割りの後、メディアの皆さんからインタビューを受けました。

 

「あなたにとって海はどんなところですか。」という問いかけに

f:id:coop_fukushima_oita:20180727172715j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727172739j:plain

「そうだなーなんだろうなー!あ!あれでしょやっぱ。」
さて、どんなところだったのでしょう(*^_^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20180727172921j:plain

「ぼくたちにとって、特別な所」

f:id:coop_fukushima_oita:20180727173013j:plain

「塩からい」

f:id:coop_fukushima_oita:20180727172943j:plain

「ぼくたちに幸せと元気をあたえてくれる所」

 

なんて素敵な言葉なんでしょう。
子どもたちの、まっすぐな言葉がとてもうれしかったです。

私たちコープおおいたにとって、ふくしまっ子応援プロジェクトは、
「特別で、幸せと元気をあたえてくれるひと時」です!

皆と思い出がつくれたこと。
短い時間だけど、お互いの色んなことを知れたこと。
コープおおいたで働けてしあわせだな。と思う瞬間ですね。

 


さて、こちらのインタビューはテレビで放送されることが決まりました!


「海と日本プロジェクト」
TOS大分朝日放送 8月21日(火) 16:05~

デジタル4チャン、TOS。ですね。

ぜひご覧ください(*^◯^*)

 


2日目の海あそびは、あっという間!そろそろ宿泊先へ撤収のお時間です。
明日は午前中、うみたまごで「うみたま体験」!
そして、大分から福岡へ移動していきます。

 

次回の記事もお楽しみに♪

 

 

 

コープおおいた 広報課

http://www.oita.coop/
https://www.facebook.com/oita.coop/

 

 

 

ふくしまっ子応援プロジェクト2日目 ~田ノ浦ビーチでひたっ子と海あそび!~

こんにちは、コープおおいたです!
ふくしまっ子応援プロジェクト2日目は、毎年子どもたちに大人気の“田ノ浦ビーチで海あそび!”
今年は、2017年の九州北部豪雨で被災した小野地区のひたっ子との交流も行ないます!
楽しみですね~(^O^)さぁ、真夏の海をのぞいてみましょう♪

f:id:coop_fukushima_oita:20180727151156j:plain

やってきました田ノ浦ビーチ!雲ひとつ無い青い空!
ザザーーーーっと押し寄せる波!
泳ぐのを今か今かと待っています(*^◯^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20180727151347j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727151359j:plain

こちらひたっ子の皆さんと、ひちくボランティアセンターの皆さん♪

《ひちくボランティアセンターとは》
九州北部豪雨の被害を受けた大分県日田市を支援するNPOのネットワーク組織です。家の片付け、田畑の復旧等継続的な支援するため、災害ボランティアセンターを運営しています。
公式ホームページ:https://hichikuvc.wixsite.com/hivolu


「子どもたちの心を育み、おうちの方と離れて行動する経験をすることで、ひとまわりもふたまわりも成長できればうれしい。」と事務局の方(*^^*)

そう言っていただけると、コープおおいたもとってもうれしいです!
さぁ、今日いちにち、安全に遊んでいきましょう!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727152014j:plain

ひたっ子&ふくしまっ子が初めてのご挨拶・・・
あはは♪どちらも少し緊張していますね、そして眩しさもあって顔が険しい!
ひと夏の思い出に、はじめましてのお友だち。
おとなになった時、ふと思い出すものってこんな風にドキドキした日のことだったりしますよね。

f:id:coop_fukushima_oita:20180727153324j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727153419j:plain

しっかり準備体操をして、ライフセーバーのお兄さんたちから海で遊ぶときの注意点を教えてもらいます。子どももおとなもしっかり聞きます!
「海の安全を守ってくれて、ありがとうお兄さん!」

泳ぐぞ―――――!!!!
一気に午前の写真を見ていきます!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727153634j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154127j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154001j:plain

ヒャッハー♪

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154153j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154215j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154232j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154331j:plain

ふぅ、ちょっと休憩。。。
シャワーを浴びてクールダウン。スポーツドリンク飲んでね、陰で涼んでね。

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154438j:plain

よし、ひとやすみひとy・・

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154609j:plain

うりゃあぁぁぁぁぁぁぁ゛!!!!!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727154830j:plain

ちょっと、引くほど元気だな!!!!!!
コープおおいたの職員も、負けじと本気で遊びます。
こちら手前がせなちゃん、奥がゆうちゃんです♪

f:id:coop_fukushima_oita:20180727155312j:plain

ぷかぷかしているのは、コープ上野の森口ほいくえんのさやか先生です♪
みんな子どもたちと仲良くなれてよかったです(*^◯^*)


さて、そろそろ・・・お腹空いてきませんか?

f:id:coop_fukushima_oita:20180727155923j:plain

ご飯食べましょう。いっぱい遊んだら、その分いっぱい食べないとね!
午後も楽しく過ごすため、モリモリいきましょう!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727160143j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727160343j:plain

こちらのお兄さんたちは、ヴェルスパ大分の選手!
胸筋が際立っていました。「胸筋ってことはキーパーかな?」と思いながら、砂浜で汗をかきながら見ていました。

f:id:coop_fukushima_oita:20180727160614j:plain

お弁当のお味はいかがでしたでしょうか(*^◯^*)
午後の活力に、なったでしょうか♪

お子さんたちにはしっかり食べて、しっかり休んでもらいました♪
へっへっへ!

 

 

次回、
「スイカ割のその先に、塩からい大分が待っている」
(午後のようすを次回の記事でお伝えします。)ご期待ください。

 

 

 

 

コープおおいた 広報課

http://www.oita.coop/

https://www.facebook.com/oita.coop/

 

 

 

ふくしまっ子応援プロジェクト1日目 ~CO-OPふらいるで交流会~

今年もこの季節がやってまいりました!
「ふくしまっ子応援プロジェクト 2018」

《ふくしまっ子応援プロジェクトとは》
この企画は、「大分県社会福祉協議会」「生活協同組合コープおおいた」「エフコープ生活協同組合(福岡県)」「コープさが生活協同組合佐賀県)」などが協力して、
原発事故により野外で遊ぶ機会が減っている福島の子どもたちに九州の山や海などの自然を心ゆくまで楽しんでもらおうと、毎年夏休みに企画している子どもたちの保養プロジェクトです。

今年は、福島県新地町の「新地小学校」「福田小学校」「駒ヶ嶺小学校」の児童18名が参加しました。

《旅の行程》
7/21.22
佐賀県・・・野外活動&吉野ヶ里遺跡で勾玉づくり 1泊

7/22.23.24
大分県・・・日田の子どもたちと海あそび&うみたまご(水族館)など 2泊

7/24.25
福岡県・・・東峰村仮設住宅の皆さんと交流&地引網体験 1泊

なんという大忙しな九州3県満喫の旅なんでしょう
それでは!大分滞在の7月22日~24日までの3日間を追っていきましょう!

 

f:id:coop_fukushima_oita:20180727121440j:plain

到着日22日は、CO-OPふらいるで歓迎お食事会♪
まずは「大分県のご紹介」
長時間の移動後ですが、皆さんしっかり前を向いてお話を聞いてくれました!
大分のこと、ちょっとでも知ってもらえたらうれしいな(*^◯^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20180727121518j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727121614j:plain

お次は、、、粘土で何作ってるかな対決!!
お題となる猫やパイナップルなどを、制限時間内に粘土で工作して、何を作っているか当てるゲームです(*^^*)
粘土を造形するスピードと握力、お題を表す特徴を見抜く洞察力、そして、深いイマジネーションを生む”くもりなき眼”が必要不可欠!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727122513j:plain

f:id:coop_fukushima_oita:20180727122523j:plainめっちゃ楽しそう・・・!!!

f:id:coop_fukushima_oita:20180727122550j:plain

「これは完璧に飛行機だから!」
「かなづちかと思ったんだけど!」
なんてね(*^◯^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20180727122756j:plain

その後「ドキドキタワーゲーム」や「だいふくんとコーすけを探せ!」などのお楽しみ企画で盛り上がり、すっかりお腹が空いたころ・・・

f:id:coop_fukushima_oita:20180727122957j:plain

待ってました!ディナータイム!!!
CO-OPふらいる特製、ボリュームたっぷりオードブルと、吉野の鶏めしで舌鼓♪
「あと、そうめん流しとか、楽しいと思うんだよね。いつかしたいね♪」

f:id:coop_fukushima_oita:20180727123246j:plain

LET THE STARS SHINE and BRIGHT!!
ふくしまっ子の中にダンサーたちが紛れ込んでいたようです!
今度教えてね、運動不足のおとなでもランニングマンをかっこよく踊れるコツ・・・

 

歓迎会はこのような雰囲気で終始にこやかに、旅の疲れを癒しつつ開催しました♪
なんといっても次の日は待ちに待った海あそび!!
全力で海を感じる夏を、満喫しようね♪

田ノ浦ビーチでの海あそびでは、九州北部豪雨で被災した日田市のこどもたちとの交流を予定しています♪
ふくしまっ子とひたっ子が出会う、素敵な時間になることでしょう(*^◯^*)

 

 

 

コープおおいた 広報課

http://www.oita.coop/

https://www.facebook.com/oita.coop/

2018年 福島復興支援交流報告会

6月19日(火)

第67回通常総代会ののち、福島復興支援交流報告会を開催しました。
報告会では、コープふくしまの宍戸常務理事、JAふくしま未来の鈴木常務理事よりご講演をいただきました。
また、4月に福島を訪問したコープおおいたの職員2名による「ふくしま報告」も行いました。

f:id:coop_fukushima_oita:20180719090949j:plain

 

f:id:coop_fukushima_oita:20180719090850j:plain

「なぜ?なに?甲状腺検査」
生活協同組合コープふくしま 常務理事 宍戸 義広様

 コープふくしまでは組合員さんたちが安心して暮らせるように、様々な学習会を行っています。今回の福島復興支援交流報告会では、甲状腺検査の結果に対する知識が少なかったために、子どもたちの診断結果の違いで心配になる親の不安を払拭するための学習会の内容を教えていただきました。
 もし、甲状腺がんが発症しても手術で治ることが多く、1週間ほどで以前のような生活に戻れます。ただし、早期発見のためにも今後も継続した検査が必要となります。また、今回のような学習会に参加してもらい、正しい知識を身に着けることが重要であることをお話してくださいました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20180719090952j:plain

「震災原発事故から7年 ふくしまの農産物」
ふくしま未来農業協同組合 常務理事 鈴木 一三様

 "福島の商品は汚染されている"というイメージを払拭するため、職員全員で行った除染作業のご説明から講演がはじまりました。樹皮の表皮を削り、高圧洗浄機で洗い流し、水田の除染なども行い、その後、水田・果樹園・大豆畑等合計で92,029箇所の土壌調査を行ったとのことです。
 さらに、原発事故前から行っていたトレーサビリティシステムも利用し、原発事故以降は基準の数値を超えた商品は、農協から出さない、出荷できないようにするなど徹底的な管理を行ってきました。福島県で生産されたお米はすべて検査しており、平成27年度以降、汚染されたお米は0袋となっており、今では安心してお米が食べられることを証明しています。しかし、様々なアンケート調査や市場価格などの結果を見ると、震災前の状況とは異なる結果となり、風評被害はまだ続いていることが分かりました。今後も、風評被害払拭と、福島県産の農産物を心から安心して食べてもらえるよう、取り組みを続けていくとのことです。
 最後に「皆様からのあたたかいご支援に感謝申し上げこれからも福島は、力を合わせて頑張っていきます。」と熱いメッセージと感謝の言葉を頂きました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20180719090958j:plain

『7年経過したふくしまの現状』
コープおおいた 商品政策室:塩月 聖奈、理事会事務局:志賀 なつき

 3日間福島県に訪問させていただき、これからも継続した支援が必要だと改めて思いました。風評被害からの回復に向けた様々な方たちの努力、工夫などを拝見いたしました。福島県からは安心安全な商品を届けていることを再確認しました。そして、福島県産の商品は大丈夫だと消費者に説明し、買い支えていくことが今後の私たちにできることだと感じました。
 新地町では住民が徐々に戻り、新しい住宅が再建されるなど、復興に向けたうれしいニュースを聞くことができました。「ふくしまっ子応援プロジェクト」に参加した子どもたちからも、楽しかったなどの感想を聞き、今後大分に訪れた時に懐かしんでくれたらうれしいなと感じました。
 私たちはこれからも、東日本大震災があったことを決して忘れず、様々な交流・訪問、イベントなどさまざまな取り組みを通して福島県を思い、継続した支援をしていかなければと思いました。

f:id:coop_fukushima_oita:20180719101101j:plain

福島復興支援交流報告会は、毎年通常総代会後に開催を予定しています。(6月)
その他、1年を通してさまざまな復興支援活動を継続しています。
復興支援活動はとても地道で、一歩一歩着実にあゆみを進める取り組みです。
注目度は決して高くはありません。しかし、私たち組合員の中には“おたがいさま、おかげさま”の大切な思いがあります。
そして、このあたたかな思いが、大きく広がってほしいと願っています。

ぜひコープおおいたが行う福島復興支援の取り組みにお越しください。お互いのの思いや、福島の皆さんのお話を直接お聞きいただけると、たいへんうれしく思います。

 

 

 

コープおおいた広報課