ふくしま復興支援ブログ

コープおおいたとコープふくしま、交流の記録。

ふくしま復興支援座談会in創立65周年フェスティバル

こんにちは、コープおおいたです。
創立65周年フェスティバルでは、ステージ企画として
ふくしま支援活動座談会を執り行いました。

ふくしまの“現在”と“未来”を語らう場

今回は、福島県新地町の加藤町長をはじめ
JAふくしま未来の菅野組合長、
新地小学校の渡邉元校長先生など福島から8名をお招きしました。
大分県からは、食品衛生課佐伯課長もお越しくださいました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170927102853j:plain

農作物や生産品などへの風評被害もさることながら、
“ふくしま”という土地自体への風評被害に今後も対応していかなければならないこと。
老若男女問わず、心のケアが必要とされていること。
多くの方との交流や支援が積み重なり、強い絆が生まれていることなど、
さまざまな立場からのお話が集まりました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170927113722j:plain

また、座談会の最後では、
福島果樹園きつないの橘内義和さまより
絵本『あかつきむらの ももばたけ』を
コープおおいたのコープ上野の森口ほいくえんと
学童クラブほうふへお贈りくださいました。

この絵本は、ふくしま土壌ネットワーク全面協力のもと、
福島県の「果樹園きつない」さんにて、1年間取材をし制作。

飯坂幼稚園、大笹生幼稚園の先生、こどもたちにもアドバイスをいただいたそうです。
完成した絵本は現在、福島市内を中心に、幼稚園、小学校などに贈呈されています。

 

 

「桃の力プロジェクト」の取り組みのひとつとして制作され、
福島の地で当たり前と思われている桃畑の景色が、
一歩離れてみればとても特別なものであることを感じてもらい、
地元の産品に誇りと自信を持ってもらいたいという願いを込めたものです。

コープおおいたはふくしま土壌ネットワーク、桃の力プロジェクトを応援しています。

 

↓ふくしま土壌ネットワーク「桃の力プロジェクト」facebook
https://www.facebook.com/Fukushimadojyoclub/

↓「桃の力プロジェクト」ホームページ

momonochikara.net

 

 

 

 

コープおおいた 広報課

 

http://www.oita.coop/

https://www.facebook.com/oita.coop/

 

 

ふくしま物産展in創立65周年フェスティバル

こんにちは、コープおおいたです。
例年、OBS大感謝祭にて開催の「ふくしま物産展」を
今年はコープおおいた創立65周年フェスティバルに
コープふくしまさん、JAふくしま未来さん、生産者の皆さんをお招きしました!

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170927090845j:plain

『みちのく福島 秋の物産販売』

名産品やお酒、お菓子、ジュース、オリジナルグッズなど
30品目以上をお取り揃えしてくださいました!

お買い物にいらっしゃった組合員さんといろいろなお話をしていただき、
集めたアンケートでも、ふくしま物産販売ブースはとても人気でした♪

f:id:coop_fukushima_oita:20170927091347j:plain

大分ではここでしか買うことのできない
ふくしまのうまいもの!を求め、長蛇の列ができていました。
大分県の組合員さんにふくしまを身近に感じてもらうことができれば
こんなにうれしいことはありません(*^o^*)

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170927091528j:plain

今年も真っ先に「売り切れ御免!」になった商品、
それはやはりおいしいフルーツ、桃と梨です!

ピーチレディが試食をオススメしてくれていました!
ありがとうございます(*^◯^*)

「絶対売り切れちゃうから、一番に買ったのよ~♪」

と桃と梨を持った組合員さんが、獲得の喜びを教えてくれました!

f:id:coop_fukushima_oita:20170927091836j:plain

フェスティバルにお越し下さった約2万人の組合員の皆さん。
「ブースがあるなぁ、ふくしまからきてるんだなぁ」
と目に留まるだけでも、ふくしま復興へ思いを馳せる
素敵な時間になったと感じています。

 

ふくしま物産販売ブースのご紹介でした!

 

 

コープおおいた 広報課

 

 

 

http://www.oita.coop/

https://www.facebook.com/oita.coop/

ふくしまっ子応援プロジェクト2017

ふくしまっ子応援プロジェクトは今年で7回目!
今年も元気いっぱい笑顔いっぱいの
ふくしまっ子が大分に来てくれました!

 

このブログをご覧の皆さんも、
毎年楽しみにしてくれていることでしょう(*^o^*)

 

ふくしまっ子応援プロジェクト2017、始まります!!

f:id:coop_fukushima_oita:20170926160945j:plain

ふくしまっ子プロジェクトinおおいた
毎年、ふくしまっ子たちが「楽しかったぁ~」と言ってくれること、
それは、、、“海あそび”です!!

ふるさとの海に入る機会が少なくなった子どもたち。
大分に遊びに来たときこそ、
思いっきり遊んで帰ってほしい!

『毎年人気企画だし、どうしよっか、うみたま体験の時間を海あそびにしちゃう?』

f:id:coop_fukushima_oita:20170926160941j:plain

いいねぇ!!!

となったかどうかは存じませんが、今年は一日中海あそびできる日を作りました♪

↑校長先生と、コープおおいたの江藤専務(*^o^*)
子どもたちに負けないくらい、江藤専務の楽しそうな笑顔がさく裂しています!!

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170926160932j:plain

 おっ!これは何でしょうね~♪
良い感じに埋まってますね~~(*^◯^*)
さて、どんな表情をされているのでしょうか!

f:id:coop_fukushima_oita:20170926160937j:plain

え!!無!!!!!!!!

 

砂浜と、水泳帽と水中ゴーグル、そして太陽の光が
夏の思い出を彩りますね(*^o^*)

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170926161123j:plain

そうそう、スイカ割りもしました~!
昨年、スイカを割ろうゴルフクラブを持ち出しまして、

振り下ろしたら折れる!という珍事件がございました
ことしは角材をご用意~♪

f:id:coop_fukushima_oita:20170926161117j:plain

中までよく熟れたおいしいスイカが顔を出しました♪
さっそく、、、、

f:id:coop_fukushima_oita:20170926161113j:plain

シャクシャク!!涼しげな音があちらこちらから聞こえてきます♪
種を飛ばす→連続で飛ばす→笑う
っていう一連の流れは全世代共通なんだと気づきました。

f:id:coop_fukushima_oita:20170926160925j:plain

そうそう、かき氷も食べたんです~❤
ライフジャケットって暑くてきゅうくつなので、
かき氷は体をすっとクールダウンしてくれたみたい♪

f:id:coop_fukushima_oita:20170926161106j:plain

楽しい時間もあっという間。
本日の海あそび終了の間際、ふくしまっ子の皆を代表して
1日の感想と、お礼のことばを発表してくれました。

昨年のふくしまっ子PJの時もこうやって発表してくれましたね。
知らない土地、知らない大人に囲まれて
きっとドキドキしたし、何を言おうかなってたくさん考えてくれたと思います!
本当にありがとうございます!大人たち、感動しました!!

 

大分で過ごした夏の1日を、どうか忘れないでください。
そしていつか、地球のどこかでまた会いましたら、
いつでも声をかけちゃいますから、
皆さんもぜひ話かけてくださいね!(*^o^*)

 

 

 

さてこのあたりで、ふくしまっ子プロジェクト2017の
ご報告を終わります!

 

       コープおおいた 広報課

 

 

http://www.oita.coop/

https://www.facebook.com/oita.coop/

ふくしま訪問2017~3日目~

いよいよ最終日、3日目の様子をお伝えします。

1日目と2日目のブログはこちらです。

 

coop-fukushima-oita.hatenablog.com

 

 

coop-fukushima-oita.hatenablog.com

 

3日目は松川第2仮設住宅を訪ねます。
皆さん、「だんご汁と鶏めしを作るのよね♪」と
お思いになったことでしょう。

もちろん、だんご汁と鶏めしは鉄板です。

ですが今年はなんと!!

つきたてのお餅をみんなで食べます!!


昨年度、「お餅つきをします!」とふくしま報告会で宣言し、
皆さまのあたたかなご理解とご協力を賜りまして
実現していただけました。
ありがとうございます、とってもとっても嬉しいです!

f:id:coop_fukushima_oita:20170323093312j:plain

もち米からお餅へ、、、
臼の真ん中をつかないと、杵が欠けて木くずが入ってしまうそうです。
皆さんとってもお上手だったとのことで、
見る見るうちに、真っ白なお餅がつきあがっていきます。

f:id:coop_fukushima_oita:20170323093522j:plain

ぺったんぺったん
松川第2仮設住宅に、響き渡ります。
「あぁ~懐かしい音だねえ~」と皆さん自然と朗らかに。

f:id:coop_fukushima_oita:20170323101928j:plain

米どころ福島。お母さんたちはお餅つきのプロです。
返し手のお母さんと息の合ったコンビネーションで
リズミカルにお餅をついていきます(*^_^*)

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170323094513j:plain

お餅、つきあがりました(*´ᗜ`*)
そこに!待っていました女性陣
まるく形を整えて、砂糖醤油にくぐらせていきます。
さらに、大分名物「酢もち」も、、、(*^◯^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20170323104501j:plain

ふいにできた空き時間。
折り紙や紙飛行機で遊びました(*^o^*)

お父さんが、見たことのない折り方で飛行機を折っていました。

皆で習って飛ばしてみると、
ほかのどんな飛行機よりも高く舞い上がりました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170323105032j:plain

ご婦人方とは折り鶴を折りました。
手と手が触れ合って、あったい気持ちになります。

f:id:coop_fukushima_oita:20170323104409j:plain

皆で楽しく、懐かしの手あそびに熱中しました。

 

さて、鶏めしとだんご汁が完成!
少し早めのお昼ご飯を、集会所の中で食べます(*^_^*)

f:id:coop_fukushima_oita:20170323111716j:plain

実はこの日の朝、福島は雪が積もりました。
出来たてのだんご汁。
お腹の中から体を温めてくれました。

f:id:coop_fukushima_oita:20170323114618j:plain

この松川第2仮設住宅にお住いの皆さんは、
飯舘村に暮らしていた方々です。

ニュースで聞かれた方もいらっしゃるでしょうが、
飯舘村は帰村準備に取り掛かっています。

仮設住宅にくらす皆さんも、さまざまな決断を迫られています。
5年という歳月を過ごし、住民同士のつながりや
仮設住宅という状況下のコミュニティが作られています。

生まれ育った地に帰るとはいえ、今とは異なる状況に
再び馴染んでいかなければならないということは、
高齢の皆さんにとって、困難なことなのかもしれません。

5年という歳月が流れ、被災地は変化し続けています。
私たちコープおおいたも、時をかけて変わる
被災地の状況をくみ取り、柔軟にスピーディーに、
ニーズに合った支援を行なってまいります。

 

今後とも、あたたかいお力添えのほど、
よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

コープおおいた 広報課 原田

 



 

ふくしま訪問2017~2日目~

こんにちは、コープおおいたです。
前回の1日目に引き続き、
今回は2日目のようすをお伝えします。

 

coop-fukushima-oita.hatenablog.com

 

2日目は晴天の朝から始まりました。

コープふくしまの宍戸常務が案内をしてくださり、
南相馬市小高区を視察し、
浪江町双葉町大熊町富岡町の順に途中下車をしつつ
車で町々を巡ります。

f:id:coop_fukushima_oita:20170322113531j:plain

双葉郡大熊町の仮設焼却施設です。
昨年の視察の際には周囲を埋め尽くしていたフレコンバッグ
(除染土やがれきなどを入れた黒い袋)が減っていることがわかります。

f:id:coop_fukushima_oita:20170322115032j:plain

こちらは夜の森のさくら並木道。
コープおおいた本部事務所には、この桜並木から
さし木で植樹を行なったソメイヨシノが2本植わっています。

並木道の全長は2.2キロ。
そのうち1.9は立ち入り禁止の帰還困難区域
途中から分断された桜並木です。

震災前は、地域の皆さんだけでなく
県外からも見物にくるほど見事な、春の景色だったそうです。

「お世話になった皆さんのもとで、咲き誇ってほしい。
 震災を、震災によって失われたふるさとがあることを忘れないでほしい。」

そんな思いから、全国へさし木を届ける活動が始まりました。

コープおおいたに植わる2本の桜。
再来年には花をつけることでしょう。ぜひ見にいらしてください。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170322105333j:plain

国道6号線。福島県の海沿いを南北に走る幹線道路をひた走ります。
海から約3.5キロほど内陸を通る国道ですが、
津波発生時はこの6号線を越えるところまで津波が押し寄せました。

通り沿いには、手つかずのまま残されている
津波でえぐられた家屋も見受けられます。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170322094929j:plain

ゆがんだ電柱のもとには「誰かのくらし」があったことを想う時は
言葉を失う時でもあります。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170322100245j:plain

こちらは小高地区の浜です。
奥に見える高台を、津波は越えていったそうです。
想像を絶するその高さを実感し、胸の詰まる思いです。

 

 

震災被害を辿る行程は、ひたすら過去と向き合い、
失われた命や、ふるさと、くらしを偲ぶ時を共有する時間です。

コープおおいたの震災支援は「負けないで!ふくしま!」の
スローガンのもとに行なってきました。

毎年福島に伺い、「こんな風だったんだよ」と
実際にその場所でお話をお聞きできることはとても貴重であり
同時に、大きな現実を目の当たりにする重圧の連続でもあります。

しかし、一番大切でお伝えしたいことは
コープふくしまの皆さんは誰もが
「誰かのくらしをよくすること」を想いながら日々過ごされています。

 変えることのできない現実と向き合いつつも
くらしの営みを前へ、さらに前へ推し進めていく。

気概と意気込みをひしひしと感じることで、
大分の組合員さんとできる最良の支援を続けていこうと
気持ちを新たに、強く持つことができる視察の1日です。

お読みいただいている皆さんも、
ふくしまを想うお気持ち
心のどこかに抱いていただければ嬉しく思います。

 

 

コープおおいた 広報課

ふくしま訪問2017~1日目~

今年で6回目となる「ふくしま訪問交流会」
コープおおいた職員の目線で3日間の出来事をつづります。

 

 2017年3月21日~23日の間
震災から6年が経過した、ふくしまの地を訪れました。


テレビでは3.11の日に、当時の映像が
繰り返し繰り返し流されますが、
現在のようすを皆さんに知ってもらうことも
重要なことであると感じています。

 

6年の時間経過で、どのように変わっていて
どこが変わっていないのか
毎年視察に訪れ、それを持ち帰り、
たくさんの人に伝えることを大切にしています。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170321163118j:plain

まず伺ったのは、新地小学校。
ここには2011年にコープおおいたがお贈りした
豊後梅が植わっています。

 

昨年から梅の実を穫れるようになりました。
コープふくしまの組合員理事さんが梅酒を漬けてくれています(*^_^*)

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170321155112j:plainf:id:coop_fukushima_oita:20170321155544j:plain

校舎の中では、昨年の夏に「ふくしまっ子応援PJ」に参加した
生徒さんたちが出迎えてくれました!
なんだか背が高くなったかな・・・
もう中学生になったのかな、
成長した子どもたちと会えて、再会の喜びもひとしおです。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170321164142j:plain

次の場所も恒例、新地町役場へ伺いました。
加藤町長みずから、新地町の地図を使って説明してくださいました。

海抜の低い地域の人達は海抜の高い土地に移り住んでもらい、
海岸にはLNGの工場を建設し、新潟とパイプラインで結ぶ計画や、
町の人口についても、震災前より増加しているお話をお聞きしました。

仙台市に近いことや、国のICT教育の指定を受けた事が
人口増加の要因ではないかとお話されていました。

 

f:id:coop_fukushima_oita:20170321171747j:plain

2017年3月 庁舎屋上からの景色

毎年庁舎の屋上から眺める景色は
1年ごとに少しずつ変化しているのがわかります。

f:id:coop_fukushima_oita:20160426122639j:plainf:id:coop_fukushima_oita:20160824091601j:plain

左)2016年3月  右)2016年7月

数件の住宅が立ち並び、暮らしの息づかいがだんだんと広がっています。

 

暮らしの、特にコミュニティについて
加藤町長から印象深いお話がありました。

 

海抜の低い地域の人達が海抜の高い地域へ移り住むにあたり、
海抜の高い場所の地権者の方々が
快く土地の譲渡を了承してくれたそうです。

 

「新地町の日常からのコミュニティは強いものなのでしょうか?」
とご質問させていただいたところ

 

加藤町長は

「やはり日常からの地域のコミュニティはしっかりしていたと思います。
 移転にしても、ご近所の方と同じ地区の高台を希望される方がいますし、
 土地を提供してくれる地権者の方々も
 そのようなことなら協力しますと言ってくれましたから。」
と説明してくださいました。

 

日頃から、住民同士がコミュニケーションをとることは
防災・減災につながり、もしもの時には
スムーズな問題解決に通じることをあらためて学びました。

 

震災を経験した街ということもあり
さまざまな情報が行きかう福島
地域活性、街づくり、コミュニティ形成、くらし支援
あらゆる課題について
教わることが本当にたくさんあります。

 

1日目は再会と、ひとつの町が復興の道をたどる経過の
課題であったり、達成したことなどを学んだ日となりました。

 

2日目は主に、原発事故の被害状況を視察します。

 

 

コープおおいた 広報課

おおいたの松ぼっくりinコープふくしま

あけましておめでとうございます。
今年もコープおおいたとコープふくしまの交流を
つづってまいります(*´ᗜ`*)

さっそく!新年ひとつめの投稿は
「松ぼっくりツリー」が繋いだクリスマスの思い出です!

まずは動画をご覧ください(*´ᗜ`*)

 

コープおおいた青崎事務所近くの松林には
大きな大きな松ぼっくりがコロコロしています!

 

コープふくしまの組合員活動に役立ててほしいと、
毎年、松ぼっくりをふくしまへプレゼントしています♪
2016年も、コープふくしまに送りました。

とっても素敵なアルバムをくださったので
このかわいらしさをぜひ皆さんと共有したいと思い、
動画に編集しました◝(^O^)◟

 

コープふくしまの皆さん、コープおおいたの組合員さん
いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

生活協同組合コープおおいた 広報課