読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくしま復興支援ブログ

コープおおいたとコープふくしま、交流の記録。

2日目後半は田ノ浦ビーチ

ふくしまっ子応援プロジェクト

うみたまごで海へのアツい思いをたくさんたくわえた子どもたち
お待ちかね!海遊びタイムです♪
大分県での海遊びは、ふくしまっ子たちに毎年とても好評なので、
今後もぜひ続けていきたい企画です。

子どもたちのようすを、写真とともにご紹介します(*^_^*)


大分県社協の皆さんが、フロートやライフジャケットを
豊富に取り揃えてくれていたので
みんな手持ち無沙汰になることもなく、
時間いっぱい、海を満喫していました!
ありがとうございました(*^◯^*)


シュノーケルやビーチボールで遊んだり、
大きなフロートで悠々自適なマリンライフを送ったり。
楽しみかたはいろいろ!
でもやっぱり校長先生たちと遊ぶのが一番楽しそうでした♪


夏の風物詩、スイカ割りに挑戦しました!
「右!右!左!あっちにちょっとまわってー!!」
という難解な指示が飛び交い、みんな大盛り上がりでした(*^o^*)

惜しいー!あと少しで割れそうだね♪


スイカをたくさん食べて、元気を充電した子どもたちは
再び海へ戻っていき・・・

森校長先生はスイカを味わっています。
「おいしい、いい西瓜だね!」と、笑顔で答えてくれました。


田ノ浦の海賊船では、社協の男性スタッフが
完全に女の子主導で遊ばれていました!
女の子は強い!


スイカを片時も離さない女の子が
とってもキュートですよね(*^_^*)
自分の幼少期を思い出しつつ過ごす、真夏の昼下がりです。


先生がたのまわりに自然と子どもたちが集まります。
もぐって泳いで、子どもたちが上げる水しぶきが
田ノ浦の海を賑やかにしていました!


みんなで記念撮影♪
カメラマンが多く、20枚ほどポーズを決めていただきました!


ボランティアに駆けつけてくださった
学生さんや、看護師のみなさま。
ありがとうございました!無事に終えることができました!




今年度、福島の南部。茨城県との県境に位置する
いわき市の2つの海水浴場が海開きし、
地元の海水浴客が水遊びをしているニュースがありましたね。
福島ではまだ、海に入れるところは少ないようです。

以前、新地町の隣の相馬市で、海を眺めながら、
「以前は釣り人も多くいたが、最近は誰も釣りに来なくなりました。」と
コープふくしまの野中専務がおっしゃっていたのを思い出しました。

震災の影響と課題は、あらゆるところに残されてますが
子どもたちの将来を素敵に形作っていけるよう
私たちは絶え間ない努力をしていかなくてはなりません。

今後とも生活協同組合コープおおいたを、よろしくお願いいたします。



コープおおいた 広報課 原田